商売の基本

言わずもがな商売の道を志す人間であれば、少なくとも良い商品をきちんとお客様に満足してもらえる形で届けることが重要だとわかっているはずです。
それを見失って、売上だけを追いかけてしまうようになっては没落への道が待っていることも、自ずとわかっていることでしょう。

ですから、ISO9001などの国際基準に対応して規格取得を行うことによって、品質の保証をすることは重要です。
もちろん、わざわざISO9001を取得したりするまでのこともなく、ISO9001を取得できるレベルの品質やサービスを提供することは重要です。
しかしながら、そこにISO9001を取得するという目標、ないし取得したという実績があることによって、一定のレベルを保つことに意識がいきます。

また、商品のレベルを高い水準で提供し続けて不良品を生まない、ミスを生まないことはもちろん重要です。
しかし、それだけではなく顧客管理をきちんとシステム化して行っていくことによって、より満足度の高いアプローチを行うことが可能となるでしょう。
顧客管理のシステムを導入したりすることで、きちんと取りこぼしを潰しておく。
それによって顧客満足度を向上させることができれば、必然的に顧客は最大限の力を発揮してくれるようになるといえます。
顧客管理を行うためのシステムはその良きサポート役となることでしょう。
今まで接客担当者一人の暗黙知となっていたものが社内で共有のナレッジとなることによって、効果を高める。
顧客管理をシステム化することで、それが実現できるといえます。

おすすめサイト

ビジネスシーンにかかせないbpoサービスなら|キヤノンビズアテンダ株式会社
ISO14001の規格について知ろう:アイソ・ラボ
テレマティクスサービスと言えば|マイクロテクノロジー